自分自身を鍛えよう【お金の授業 66時間目】

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

次世代型のお金持ちになるために
自分のビジネスを構築したり
勇気を持って投資を行っていくのは
他の誰でもない、あなた自身です。

そんなあなたが、世の成功者たちの様な
パワーに溢れた魅力的な人間になるためには
具体的に何をすれば良いのでしょうか?

そこで今回は、今日から簡単に出来る
「成功者の思考法が身に付く方法」を
いくつかご紹介したいと思います。

世の成功者と呼ばれる人たちは
あたたかなエネルギーに満ち溢れ
決して折れない強い信念を持ち
何より行動力があります。

そのため、多くの人たちを惹きつけ
そこにさらなるエネルギーが集まるようになります。

こうして人的資産が構築されていく事で
お金も自然と集まる様になり
結果「お金持ちになる」というわけです。

あなたもこういった人になるためには
まず日々の小さな行いから少しずつ
自分を変えていく必要があります。

「成功者の思考法」は
日々の本当に小さな心がけを
コツコツ積み重ねることで
誰でも必ず身に付ける事が出来ます。

今回は、そんな心掛けるべき
「小さな行い」の具体例を
いくつかご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


まず1つ目は

“調べて分かる様な事は人に聞かない”

という事です。

現代の情報社会では、産業時代のそれよりも
格段に「情報」が入手しやすくなりました。

以前に比べ、あなたの生活に関するいろいろな疑問も
インターネットを少し調べるだけで
解決できる事が多くなっているはずです。

今では、個人的な質問に他人が答えてくれる
Q&Aサイトなども大変な人気です。

しかし、こうしたQ&Aサイトが
人気の背景には

「最初から自己解決しようという
 考えがない人が増えている」

という問題が隠れています。

成功者と呼ばれる人たちは

『世の中の問題に対する
 自己解決能力が高い』

という特徴があります。

これは問題を自己解決する
“経験” を積み重ねてきたことで
形成されて来た強さです。

もちろん人に聞く事自体が悪い
というわけではありません。

あなただけで解決出来ない問題が
出て来る事もあるでしょう。

ですが、その問題をまずは自分の頭で考え
自己解決しようという
スタンスがないのが問題なのです。

人に聞いてしまえば、すぐに分かる様な事も
わざわざ手間をかけて自分で調べる。

これらを繰り返す事により
まずは自分の頭で考えるクセが付く様になり
同時に「主体性」が鍛えられます。

「主体性」は成功者にとって最も基礎的で
重要なスキルです。

ぜひあなたも、今日から
「問題は成長のチャンス」と捉え
まずは自分の頭で考える習慣を
身につけてみてください。

続いて2つ目の心掛けは

「できない事はないと考える」

これは出来るかどうかが問題ではなく
まずは “出来ないと決めつけないこと” が大切です。

あなたが「これは無理だ」と感じた時
「どうすれば出来るのか?」と
発想を切り替える努力をしてみて下さい。

「出来ない」とあなたが決めつければ
そこであなたの脳は考える事をやめてしまいます。

そうではなく

「どうすればよいか?」

と発想を切り替えれば、無理な難題に対しても
まずは自分の頭で考えるというクセが付きます。

そうしていくうちに
あなたの脳は大きな問題であったとしても
自己解決できる力が身についていくのです。

すでにお気づきであるかとは思いますが
成功者になるために日常生活で重要なこととは

「まずは自分の頭で考えること」

です。

周りに流され、決断を他人任せにしたり
失敗や後悔を他人のせいにするのではなく
きちんと自分の頭で考えること。

これが、あなたが成功者になるためにできる
一番簡単な “日々の課題” です。

今回、ご紹介した方法を実践して頂き
さらには前回お伝えした「行動力」を意識することで
あなたは自分に自信が持てる様になります。

自分に自信がある人というのは
非常にエネルギッシュで
あたたかなパワーに満ち溢れているのです。

世の成功者と呼ばれる人達のパワーとは
こういったものの積み重ねで形成されていったものです。

こうした目には見えない力が
あなたからにじみ出る様になれば
自然とあなたの周りにも
多くの人が集まってくる様になるでしょう。

日々の小さな積み重ねは本当に大切です。

少し考え方を変えて生きていくだけで
あなたの未来は大きく変わります。

是非とも、こうした小さな積み重ねを続ける日々を
今日から意識して送ってみて下さい。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

年収300万円
[お金の授業 67時間目]

スポンサードリンク

   

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す