日本の借金【お金の授業 70時間目】

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

“日本には大きな借金があり
このままいくと大変な事になりそうだ!”

こんなお話は、あなたもどこかで
耳にした事があるでしょう。

今回は、前回勉強した「対GDP比」を用いて
そんな日本の実態を見てみたいと思います。

現在の日本の借金の総額は、おおよそ1000兆円

これは「日本のGDP」

つまり毎年日本から生み出される
新しい価値のおおよそ2倍以上の金額です。

そして現在も、この借金はどんどん膨らんでいっています。

そのスピードは、なんと1秒間に100万円以上と
驚異的な速さです。

つまり、あなたがこの文を読んでいる間にも
1秒間に100万円ずつ日本の借金は
増えていっている、というわけです。

財務省のホームページには
「債務残高の国際比較」という
この事態を理解するのに、
非常にわかりやすいデータが掲載されています。

007

出典:【財務省】債務残高の国際比較(対GDP比)

このデータ見ると、日本の借金の対GDP比は
1996年から他の先進国の中でも
群を抜いて上がり続けていることが
おわかり頂けるかと思います。

また2010年には、対GDP比は
200%を超えてしまっています。

しかしこの”200%”という数値は
「粗債務残高」という「日本の資産を含めない数値」です。

この「日本の資産」を含める

つまり日本の資産を借金の返済に充て
それでも返せない分の借金を「対GDP比率」で算出すると
もう少し現実的な数値が見えきます。

これを『純債務残高』と言います。

借金が払えなくなってしまった場合には
どちらにせよ、こうした資産も処分する事になるので
「純債務残高」を元にして考えた方が
より現実的な数字が導き出せるというわけです。

しかしそれでも、借金が帳消しになるラインである
100%を超えてしまっていると言われており
深刻な事態である事には変わりありません。

突然ですが、あなたは日本という国の
『年収』をご存知でしょうか?

スポンサードリンク


国の収入とは、あなたも納めている税金です。

この年間総額がおよそ40兆円

つまり日本の年収は『40兆円』という事になります。

それでは次に、日本は年間いくらのお金を
使っているのでしょうか?

これを「歳出」言いますが
実は日本という国は
年間 “90兆円以上” のお金を使っています。

年間に40兆円しか収入が無いのに
90兆円以上もお金を使っていて
さらに1000兆円以上の借金まである、というわけです。

これが『1秒間に100万円もの借金が増えるカラクリ』です。

さてここで不思議なのは、日本という国の懐事情は
これほどの自転車操業状態に落ち入ってしまっているのに
なぜか現在も日本の財政は破綻していません。

過去、世界では様々な国がこの様な事態に陥り
たった数年でその財政が破綻してしまっています。

この差は一体なんなのでしょうか?

実はこれ、日本という国がお金を借りている相手が

“日本の国民や日本の金融機関” だからなのです。

財政破綻をした諸外国は、他の国からの借金が返せなくなり
最終的に破綻してしまいました。

しかし日本の借金の95%は
日本の国民や日本の金融機関から借りているのです。

国は借金の返還を催促されたら
「円」を刷って返せばよいのですから
破綻もしない、というわけですね。

「なんだそうなのか」と安心されたかもしれませんが
この事態はそれほど楽観視できるものでもありません。

現在の日本は、こうした財政問題以外にも
様々な大きな問題を抱えています。

・経済の伸び率が低い(前回参照)

・国民がお金を使わないので景気が良くならない

・増税をしないと財政が持たない

・少子高齢化が進んでいる

また先ほど「国はお金を刷って返せば良い」と言いましたが
これらを繰り返せば、やがて「円というお金の価値」は
どんどん低くなっていってしまいます。

最悪、国が「円」の価値をコントロール出来なくなれば
以前にもお話しした「ハイパーインフレ」という
最悪の事態をも引き起こしかねません。

これが今の日本の実状です。

今の日本の借金事情に関しては
賛否両論、様々な意見があるかとは思います。

しかし「大丈夫だと思える理由」を探すのではなく
最悪の場合を想定して対策を立てておくことが
最善の策であるのではないかと考えます。

そのために「お金の知恵・知識」を学び
新しく投資やビジネスを始める

これが私の推奨する
今後の日本で生き残るための唯一の術です。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

サブプライム問題とは?
[お金の授業 71時間目]

スポンサードリンク

   

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す