おすすめのお金の書籍

LINEで送る
Pocket

スポンサードリンク

おすすめのお金の書籍

最近、当サイトの訪問者さまに
お問い合わせをいただけるようになりました。

その中で「おすすめの書籍は何ですか?」という
ご質問を非常に多くいただいております。

そこで今回のあしなが日記では
私の個人的なおすすめの書籍を
ジャンルごとにわけて
ご紹介したいと思います。

あなたの修学のご参考になれば幸いです。

【お金持ち教育にまつわる書籍】

当サイトのテーマでもある
お金持ち教育に関する書籍の中でも
特に初心者の方へおすすめしたいのが
ロバート・キヨサキ氏著書の
「金持ち父さん 貧乏父さん」です。

投資や節税などの本を読まれる前に
まず「お金の概念」から学ばれた方が
結果として本質的なお金への理解が深まり
質の高い学びを得ることができます。

また、本書籍の続編でもある
「キャッシュフロークワドラント」も
さらにお金というものへの
理解を深めるためには効果的です。

また理系の方で、具体的な事例から
お金への理解を得たいとお考えの方は
ジェームススキナー氏の著書
「お金の科学」もおすすめです。

【ビジネスにまつわる書籍】

ビジネスに関しても
やはり流行り廃りのある内容のものや
小手先のテクニックを解説した書籍ではなく
“本質を学べるもの” を推奨いたします。

中でも、人間の購買心理を細部まで紐解いた
「影響力の武器」がおすすめです。

「ビジネスの真理は人を知ること」

これら全ての意味が学べる
希少な一冊といえるでしょう。

スポンサードリンク


【投資にまつわる書籍】

投資関連の書籍につきましては
まず日本人であれば必ずお読み頂きたい一冊が
星野泰平氏の著書の
「半値になっても儲かるつみたて投資」
です。

やや俗っぽいタイトルではありますが
日本人の多くが理解していない
投資の真理がご理解頂けるでしょう。

【番外編】

番外編として、私が個人的に
おすすめしたい最後の書籍は
スティーブン・R・コヴィー博士の著書
「7つの習慣」です。

言葉にすると安っぽくなってしまいますが
「人はなぜ生きるのか?」といった
高尚な人間哲学が学べます。

本書は、特に自分の人生に疑問を抱き始める
30代以降の方におすすめの一冊です。

また、上記で挙げた書籍の以外にも
当サイトの「お金に関する推奨本」ページでは
さまざまな素晴らしい本をご紹介しております。

ご興味のある方は、ぜひ一度
のぞいて頂けると幸いです。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

LINEで送る
Pocket

   

コメントを残す