日本で一番、高額な硬貨ってどんなもの?【お金の雑学 No.019】

Pocket

スポンサードリンク

50円玉や100円玉などの硬貨は
皆さんのお財布にも、何枚か入っている事でしょう。

日本で一番高額な硬貨は
一般的に知られるところの「500円玉」です。

しかし、実は日本には
もっと高額な硬貨がある事をご存知ですか?

それは、昭和61年に天皇陛下御在位
60周年記念として作られた「10万円金貨」です。

10万円金貨
  【10万円金貨】

翌年にも、この10万円金貨は1000万枚以上が製造され
記念貨幣セットとして売られていました。

現在では、オークションなどでプレミアが付き
10万円以上の価格で取引されています。

スポンサードリンク


また、この10万円硬貨の素材は、純金製で直径は30mm

図柄には、平和を象徴する「鳩」や
日本の稲作文化を象徴するデザインが用いられました。

ちなみに平成5年には、皇太子殿下御成婚記念として
「5万円硬貨」が発行されました。

こちらの発行枚数は200万枚と「10万円金貨」より少なく
マニアの間では、逆に希少価値が高いそうです。

どちらにせよ、気軽にお財布に入れられる様な
硬貨ではありませんね。

参考資料:独立行政法人 造幣局 ホームページ
     日本で発行されている記念硬貨

お金の授業 一覧へ

日本の都道府県別 平均年収ランキング【お金の雑学 No.020】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す