日本のお札に描かれた肖像画【お金の雑学 No.014】

Pocket

スポンサードリンク

日本だけでなく、世界中のお札にも
いろいろな人物の肖像画が描かれています。

これは、人間が「顔」を認識する能力に優れているため
これを利用した「偽札防止」が本来の役割であると
いわれています。

つまり、偽札に対する違和感をすぐに感じられる様に
人間が認識する事が得意な「人の顔」が描かれている、というわけです。

それでは、あなたにも馴染み深い日本のお札ですが
このお札に、今まで登場した肖像画の人物を
いったい、何人ご存知でしょうか?

今回は、現在までに日本のお札に描かれていた人物
全17名を、古い物から順に全てご紹介したいと思います。

【神功皇后】 1881年~1883年(1円札、5円札、10円札)

神功皇后

古事記に記された、紀元前の開化天皇の子孫。
日本初のお札の肖像画は女性だったのです。

【藤原道真】1888年~1943年(5円札、20円札、35円札など)

藤原道真

平安時代の学者。学問の神様とも呼ばれている人物。

【武内宿禰】1889年~1945年(1円札、5円札、200円札など)

武内宿禰

大和朝廷が日本を統一した際、大きな業績をあげた人物。

【和気清麻呂】1890年~1945年(10円札など)

和気清麻呂

奈良時代~平安時代初期の公卿。

【藤原鎌足】1891年~1945年(20円札、200円札など)

藤原鎌足

飛鳥時代の政治家で、大化の改新の主要人物。

【聖徳太子】1930年~1958年(100円札、10000円札など)

聖徳太子

推古天皇の元で節政として多くの施策を行った人物。
この後も、お札の肖像画として一番多く登場する人物でもあります。

スポンサードリンク


【日本武尊】1945年(1000円札)

日本武尊

「古事記」「日本書記」に登場する歴史上の人物。

【二宮尊徳】1946年(1円札)

二宮尊徳

江戸時代後期、農村の生産性向上に尽くした人物。

【板垣退助】1948年~1953年(50銭札、100円札)

板垣退助

「自由民権運動」の主導者。
「板垣死すとも自由は死せず」の名言で有名。

【岩倉具視】1951年~1969年(500円札など)

岩倉具視

江戸末期から明治初期の政治家。
西郷隆盛や大久保利通らと明治政府を樹立した人物。

【高橋是清】1951年(50円札)

高橋是清

初代の特許局長、日銀総裁なども勤めた
日本の第20代内閣総理大臣。

【伊藤博文】1963年(1000円札)

伊藤博文

長州藩の武士であり政治家。
日本の初代、第5代、第7代、第10代の内閣総理大臣。

【福沢諭吉】1984年~(10000円札)

福沢諭吉

慶応義塾の創始者であり、明治六大教育家の一人。
「学問のすゝめ」の著者としても有名。

【新渡戸稲造】1984年(5000円札)

新渡戸稲造

明治から昭和初期にかけて活躍した教育者。
国際連盟事務次長として世界平和に貢献した人物。

【夏目漱石】1984年(1000円札)

夏目漱石

明治時代の英文学者であり小説家。
有名著書に「我が輩は猫である」など。

【野口英世】2004年~(1000円札)

野口英世

明治~昭和初期の細菌学者。
3度もノーベル医学・生理学賞候補となった。

【樋口一葉】2004年~(5000円札)

樋口一葉

明治時代の歌人。肖像画に女性が使われたのは
最初の「神功皇后」以来、なんと123年ぶり。

いかがだったでしょうか?

これであなたも「お札の肖像画博士」と
呼ばれる様になるかもしれません。

これからも、どんどんと新しいお札は作られていくのでしょうが
そんな、新しいお札の肖像画には、いったい誰が登場するのでしょう?

「多分、あの人じゃないかな?」など
予想してみるのも面白いかも知れませんね。

参考資料:七十七銀行 金融資料館・man@bow
     国立印刷局・Wikipedia
画像提供:PHGCOM©2008・Eclipse2009©2011/07/09・日本銀行©2006/08
     Misongi・Eclipse2009©2011/07/02

お金の授業 一覧へ

日本のお札に使われている8つのスゴい技術【お金の雑学 No.015】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す