日本のお金って全部でいくら?【お金の雑学 No.013】

Pocket

スポンサードリンク

おそらくあなたが、一日の生活を送る中で
「お金」そのものを全く見ないという日は
ほとんどないのではないでしょうか?

コンビニで買い物をすれば
あなたは財布からお金を支払い
店員さんからは、おつりを貰います。

また、振込という人もいるでしょうが
1ヶ月に一度は、会社から給料を受け取る事でしょう。

さらには、おこづかいを貰っている
という人もいるかもしれません。

この、毎日必ずどこかで目にする”お金”

では、いったい日本中でこの「お金」は
全部でどのくらい出回っているのか
気になったことはありませんか?

今回は、この謎に迫ってみたいと思います。

それではまず、日本に紙幣がどのくらい出回っているのか
こちらのデータをご覧下さい。

スポンサードリンク


紙幣の種類 流通量
10000円札 70.7億枚
5000円札 5.4億枚
2000円札 1.1億枚
1000円札 35.8億枚

(2009年度末データ)

このデータを見てみると、あまり見かける事のない
「2000円札」が、なんと1億枚以上も流通していた事には驚きです。

2000円札
       【2000円札】

次に、硬貨の流通量を見てみましょう

硬貨の種類 流通量
500円玉 39億枚
100円玉 101.8億枚
50円玉 43.4億枚
10円玉 199.2億枚
5円玉 115.1億枚
1円玉 398.4億枚

(2009年度末データ)

こちらでは、1円玉の流通量が一番多いという結果です。

私は当初、なんとなく100円玉が一番多いのかなと思っていました。

しかし、こうして並べて見てみると
当たり前の事ですが、毎日凄まじい量のお金が
日本中で動いているという事がわかります。

これからは、100円玉に対して
今までよりも少しだけ、優しくなれる気がします。

参考資料:WebR25
画像提供:Eclipse2009

お金の授業 一覧へ

日本のお札に描かれた肖像画【お金の雑学 No.014】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す