世界最大の財宝とは?【お金の雑学 NO.007】

Pocket

スポンサードリンク

”財宝”を辞書で引くと「宝物」とあります。
この言葉の雰囲気には、なんともロマンがありますね。

こうした、映画などではよく見かける”財宝”ですが
実際に見付かった”財宝のお話し”はご存知でしょうか?

そこで今回は「世界最大の財宝」というテーマをお届けします。

財宝

過去、世界には
現在では考えられないほどの大金持ちがいました。

こうした大金持ち達は、船で世界中の港へ
直接取引をするために、金貨や宝石を運んでいたのです。

しかしその航路中、不幸な事故によって
行方の分からなくなってしまう船もたくさんありました。

そんな中、中世にはこうして沈んでしまった船を
専門で探す人達が現れる様になったのです。

そして時は流れ・・

現代でも、こうした人達は存在し
彼らは「トレジャーハンター」と呼ばれています。

スポンサードリンク


海が舞台ではありませんが、映画でも
インディ・ジョーンズやナショナルトレジャー
トゥームレイダーなどが有名ですね。

ちなみに、トゥームレイダーは「墓荒らし」という意味です。

そんな「トレジャーハンター」が見つけ出した
現代における世界最大の財宝・・

それは1985年、メル・フィッシャーという
トレジャーハンターが発見しました。

その時価総額は、なんと約4億ドル

これは、1662年に沈没した
スペイン船団の一部から発見されました。

この財宝は、沈没船から見付かった世界最大の財宝として
歴史的な発見として記録に残るはずでした。

しかしこの記録は、2000年を越えた近年
新たに塗り替えられる事となったのです。

それは、2007年

アメリカの深海調査会社「オデッセイ海洋調査」が
大西洋沖の沈没船に眠っていた財宝を発見する事で
新たな歴史の1ページが刻まれたのです。

その財宝は、なんと
50万枚にものぼる金貨や銀貨でした。

時価総額は、なんと5億ドル(およそ400億円)

こちらは、17世紀頃のものである事までは
調査の結果、わかっているそうです。

宝箱

もしかすると、一生見付からないかもしれないものに命を賭ける
なんともロマンに満ち溢れた、素敵な生き方ですね。

あなたも、一攫千金を夢見て
トレジャーハンターになってみようとは思いませんか?

参考資料:wikipedia・ナリナリドットコム
画像提供:Free Photo – Cepolina Photos

お金の授業 一覧へ

世界の平均年収ランキング【お金の雑学 No.008】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す