世界で一番、高額なお札っていくら?【お金の雑学 No.005】

Pocket

スポンサードリンク

日本で一番高額なお札と言えば
もちろん「1万円札」です。

では世界で一番、高額なお札とは
いったい、いくらくらいなのでしょう?

それは、シンガポールで発行されている
「$10000(1万シンガポールドル)札」です。

10000シンガポールドル札

日本円に換算すると、およそ62万円。
(2012年2月現在のレート)
この一枚で、いろいろなモノが買えてしまいますね。

しかし、今回はこれで終わりではありません。

実は、世界にはかつて
もっと額面的にビックリする様なお札がありました。

それは、1946年、第二次世界大戦の後
ハンガリーで印刷された(発行はされませんでした)
「10垓(がい)ペンゲー札」です。

10垓ペンゲー札

「億」の1万倍が「兆」
「兆」の1万倍が「京」
「京」の1万倍が、ここでようやく「垓」になります。

ちなみに「10垓」を数字で表すと・・

「1000000000000000000000」

スゴい桁数ですね。

では、なぜこの様な大きな額のお札を
作る事態となってしまったのでしょうか?

当時のハンガリーは、戦争で受けた傷跡のために
国中が大混乱となっていました。

ハンガリー政府は、こうした事態を収めようとした結果
大量の通貨を一気に発行し過ぎてしまったのです。

そのため国中にお金が溢れ、お金自体の価値が
どんどんなくなってきてしまいました。

スポンサードリンク


お金の価値がなくなる、という事は
反対に「モノの値段」が上がります。

しかしこの時の「モノの値段」の上がり方は
尋常ではなかったのです。

こうして、物価はたった16年間の間に
1垓3000京倍にまで上昇してしまいました。
(これを、ハイパーインフレといいます)

こうして、お金の価値が無くなってしまったハンガリーでは
コーヒーを1杯飲むのにも、大量の札束が必要
といった事態となってしまったのです。

これでは、買い物もままならないため
やむを得ず、大きな額のお札を発行しようとした、というわけです。


*写真はハイパーインフレ後のジンバブエ

ちなみに「10垓ペンゲー札」は
世界最高額のお札として、ギネスブックにも載っています。

こんな、大きな桁のお札を持っていたら
なんだか、大金持ちになった気分になれそうですね。

参考資料:man@bow・Histroll(経済の死 ハイパーインフレ)
     Wikipedia
画像提供:©mail online(UK)・wikipedia

お金の授業 一覧へ

世界各国の消費税ってどのくらい?【お金の雑学 No.006】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

   

コメントを残す