世界には何種類のお金があるの?【お金の雑学 No.003】

Pocket

スポンサードリンク

あなたは、世界に全部でいくつの国があるか
ご存知ですか?

・・・・答えは、全部で204ヵ国です。
(国連加盟国は193ヵ国)

それでは、世界中の『お金』には
いったいどのくらいの種類があるのか?

こちらはいかがですか?

例えば「ユーロ」などは、複数の国で使われているため
「国の数だけ通貨がある」というわけではありません。

では、世界にはいったい何種類の
お金があるのでしょう?

独立国家の通貨や法定通貨など
特殊な条件も全て含めますと・・・

現時点での、世界通貨の種類は「165種類」です。
(2011年12月現在)

世界はとても広く、中には通貨の呼び名が
非常にユニークなものもいくつか存在します。

今回は、こちらをご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


ハリウッドの映画タイトルにもなったマダガスカル
ここで、使われている通貨の名前は「アリアリ」です。

いかにも島国らしさの漂う、のんびりした響きです。

また、2輪車の大渋滞が起こるホーチミンで有名な
ベトナムの通貨は「ドン」

これは、同じアジア圏の国ながら
意外と知られていないのではないでしょうか?

そして、世界的に有名な作曲家のショパンや
コペルニクス(地動説を唱えた天文学者)を生んだ
ポーランドの通貨は「ズウォティ」

もうこれは、日本人には発音する事すら難しいですね。

この様に、世界には
ちょっとユニークな名前の通貨もあります。

世界のユニークなお金

もし、あなたが一国の主だったら
なんという名前の通貨を作りますか?

参考資料:日本貿易輸送ホームページ

お金の授業 一覧へ

世界で一番、大きなお金ってどんなモノ?【お金の雑学 No.004】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す