世界のお金持ちランキング【お金の雑学 No.002】

Pocket

スポンサードリンク

世界のトップクラスのお金持ちとは
いったい、どのくらいお金を持っているのか?

あなたも一度は、考えた事があるのではないでしょうか?

そこで今回は、これらをスッキリさせるために
世界長者番付ランキング(2011年度版)を見てみましょう。

(日本円表記は、当時の1ドル=76円で換算してあります)

カルロススリム・ヘル

メキシコの実業家

通信業界での成功者で
「ラテンアメリカの通信王」と呼ばれている。

メキシコ最大の電話会社テルメックスや
中南米最大の電話会社アメリカモバイルのオーナー。

しかし本人は、世界一のお金持ちになった事には
それほど興味がないご様子。

「家族との生活や自分の時間と仕事を両立する事が
 豊かになる事よりも重要だ」と語る。

ビル・ゲイツ

ご存知、マイクロソフト社の会長

1994年から2006年まで13年連続で
世界長者番付1位という歴史的な記録を持つ。

世界トップクラスのお金持ちながら
倹約家としても有名で、その日常生活は
庶民的なものを好む傾向にある。

スポンサードリンク


飛行機は、エコノミークラスを好み
ホテルも「寝られてインターネットが繋がれば良い」と語り
好きな食べ物は、マクドナルドのフィレオフィッシュなど

なお、世間一般的にビル・ゲイツは
「Windowsを作った人」と思われているが
windowsの原点となる「86-DOS」は
シアトル・コンピューター・プロダクツという会社から
権利ごと買収したもの。

ちなみにこの時、ビル・ゲイツは若干24歳であり
この頃から、先見の目があるビジネスマンであった事が伺える。

ウォーレン・バフェット

誰もが認める世界一の投資家であり
世界最大の投資持株会社
バークシャー・ハサウェイ社の会長兼CEO。

社会的に高い地位にありながら
ネブラスカ州オマハの郊外の自宅は
1958年に購入した31500ドルの小さな一軒家。

また、自身がCEOを勤める
バークシャー・ハサウェイ社からの役員報酬は
年間10万ドルと、意外と質素な生活を送っている。

こうした人柄から、祖国アメリカでは
敬愛の念を込めて「オマハの賢人」と呼ばれている。

2006年にはビル・ゲイツの財団に
総資産の85%にあたる370億ドルを寄付した事で世間を騒がせた。


いかがでしたか?

世界クラスのお金持ちは、意外と質素な生活を送っていたり
倹約家だったりする事がわかりましたね。

あなたも、今日から質素な生活を心掛け
倹約しながら、お金持ちを目指してみませんか?

参考資料:2011 Forbes「The World’s Billionaires」
     Wikipedia
画像提供:José Cruz/ABr©2007/10/24
World Economic Forum©2007/01/26 (www.weforum.org)

Mark Hirschey©2005/05/06

お金の授業 一覧へ

世界には何種類のお金があるの?【お金の雑学 No.003】を見る

【お金の雑学】一覧に戻る

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す