平均的な人間【お金の授業 35時間目】

Pocket

スポンサードリンク

平均的な人間

これまでの日本では “平均的な人間”
つまり、横並びの能力さえあれば良しとする
風潮がありました。

しかし、周りの人と同じ能力があれば
それで良かったという時代は
すでに終わりを迎えています。

なぜ日本では、特に
この様な人が多いのでしょうか?

それは今まで “経済成長期に合わせた教育を
受け続けて来たから” です。

これが俗にいう “産業時代の教育” です。

しかしここ20年、日本の成長率は
昔のそれと比べ、著しく低くなりました。

そして世界は “情報時代” へと
移り変わっています。

国の経済が伸びている時は
突出した能力を持った人材よりも
横並びで平均的な能力を持った人材が
たくさんいた方が、成長していく経済にとって
都合が良かったのです。

これは、言い方を変えれば
経営者にとっても都合が良かったといえます。

ですので、終身雇用や年功序列といった制度を
わざわざ、会社が用意していたのです。

しかし、その高い成長期が終わってしまえば
会社としても、上記の様な制度を
維持できなくなって来ます。

こうなると会社にとっても
そして社会にとっても

平均的な能力しか持たない人間は
必要なくなってしまう
のです。

スポンサードリンク


そして今度は “突出した能力” や
“個性を持った人” が重宝される様に
なって来ます。

前回お話しした、企業が海外の人材を
雇用したがる動きもこれにあたります。

この様に、現在の日本の社会は
様々な要因から、大きな変化の時を
迎えているのです。

しかし、未だに日本では
新しい “情報社会” に対応した
有効な教育環境が整っているとは
いえません。

そのため、このお金の授業では
新しくやって来た情報社会に
対応するための知識をお伝えしております。

しかし、このお金持ち養成学校でも
平均的な人間を良しとはしません。

次世代型のお金持ちという
今までにない生き方を実現するためには
あなたが、あなたの周りの人と
同じ事をしていては駄目なのです。

ぜひ、このお金の授業から本質を学び取り
あなただけの価値を見付け、磨き
新しい時代に対応した、自由で
夢のある生き方を手に入れましょう。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

自分のノルマ
[お金の授業 36時間目]

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す