お金を働かせる事とは?【お金の授業 30時間目】

Pocket

スポンサードリンク

お金を働かせる

前回、お金を働かせる例として
“人を雇う” という、1つの形を挙げました。

今回は、こちらについて
もう少し掘り下げていこうと思います。

それでは “お金を働かせる事” とは
どういう事なのか?

これを理解するためには、まず
“お金をお金と思わない事” が大切です。

しかし、これをすぐに納得する事は
難しいと思いますので
まずは、イメージしやすくするために
こちらをご覧下さい。


あなたは今、100万円持っています。

しかしこれは「お金」ではなく
あなたに従える “100人の兵士” です。

この100人の兵士は、あなたの代わりに
経済という名の戦場に出掛けました。

その後、無事に帰って来た兵士が
何人かの仲間を連れて来ました。

新しく20人の仲間が加わったので
あなたの兵士は、全部で120人に
なりました。

そして、今度は120人の兵士に
戦場に出掛けて貰います。

今回もまた、新しく仲間を連れて
帰って来た兵士がいました。

こうして、あなたの兵士は
どんどん増えていったのです。


いかがですか?

これが “お金を働かせる” という事です。

何となくイメージが掴めましたか?

また、この兵士を戦場に送り出す行為が
世にいう “投資” と呼ばれるものです。

そして、どんどん仲間が増える仕組みが
以前お話しした “複利” ですね。

しかし、世の中の多くの人は
こうした兵士たちに対して
“自分の欲望” という名の旗を掲げさせて
戦場に送り出してしまうので
出掛けた兵士たちは2度と帰って来ません。

スポンサードリンク


もちろん「世のため、人のため」と考えて
送り出したはずの兵士が
帰ってこない事もあるでしょう。

ですが、こうしたあなたの兵士が
きちんと帰って来られる可能性が
少しでも高い戦場に送り出してあげる事

これが、次世代型のお金持ちになるための
あなたの役目なのです。

“人を雇う事” とは、この大切な兵士を
何人か他の人に託し、その見返りに
さらに兵士を殖やして貰うという行為です。

20人の兵士を託す代わりに
50人の兵士を殖やして貰う

そしてこの間に、あなたは
“より兵士が殖える可能性のある戦場” を
探すのです。

あなたが、TVを見ていたり
さらには寝ている間でも、お金という兵士は
代わりに戦場で戦ってくれています。

あなたの時間は、1日24時間しかありませんが
お金を働かせる事で、それが兵士の人数分だけ
何倍にもなるのです。

あなたは、あなたの大切な兵士たちに
「自分の欲望」という名の旗を
掲げさせてしまってはいませんか?

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

人を雇うタイミング
[お金の授業 31時間目]

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す