インフレとデフレ【お金の授業 24時間目】

Pocket

スポンサードリンク

インフレとデフレ

前回、金利と景気の関係をお話ししましたので
今回も経済について、もう少し触れてみます。

今回からのテーマは
ニュースや新聞でもよく目にする
“インフレとデフレ”です。

今回は、こちらをお金持ち養成学校流に
少し違った視点からお伝えします。

それでは、まず
“インフレ” からいきましょう。

インフレとは “インフレーション” の略で

継続的に
モノやサービスの価値が上がり
お金の価値が下がること

例えば、景気が良くなると
あなたの収入も増え、世の中でも
たくさん買い物をする人が増えます。

すると、その内に
人々の “モノやサービスへの需要” が
供給を上回る様になっていきます。

こうして、希少価値の高くなった
モノやサービスの値段が上がっていきます。

また、このケース以外でも
モノを作るための原料費が高騰した場合も
その分の生産コストが増えますので
やはり、値段が上がります。

前回の金利の時にもお話ししましたが
経済は原則的に “需要と供給のバランス” で
成り立っています。

これをふまえても、インフレは

・景気が良く世の中にも活気がある
・多くの人の収入が上がる
・気軽にお金を使える様になる
・モノやサービスが売れる様になる

この様に、一見すると
良い条件ばかりが揃っている様に見えます。

しかし、このインフレは
そのバランスを保つ事がとても難しく
一歩間違えば、とんでもない事態を
引き起こす可能性も秘めているのです。

それは、世の中の人々の
モノやサービスに対する需要が
あまりにも高まり過ぎてしまった場合に
起こります。

スポンサードリンク


短期間に、モノやサービスの値段が
数倍 〜 数十倍にもなってしまう
狂乱的なインフレ・・

これが “ハイパーインフレ” です。

昨日、100円で売られていたパンが
今日お店に行ったら5000円になっていた

では実際に、こんな現実離れした事態が
起こりうるのでしょうか?

先ほどもお話ししましたが、経済とは
需要と供給のバランスで成り立っています。

これは “お金” と “モノやサービス” を
交換したいという人の割合が
きちんと均等になっていて
初めて成り立つという事です。

しかし、実は “お金” には
このバランスを一瞬で崩壊させてしまう
世の中のほとんどの人が気が付いていない
ある秘密があるのです。

それは・・・

“お金自体に 本当は価値がない”

という事です。

1万円札は、数字が印刷された
ただの “紙” です。

1万円札には、1万円相当のモノや
サービスと「同等の価値がある」と
取引を行なう双方の暗黙の了解があって

『1万円札 = 1万円相当のモノやサービス』

というトレードが、世の中で
まかり通っている “だけ” なのです。

この暗黙の了解、つまり
お金に対しての “信用” がなければ
1万円札は、本当にただの紙です。

では、ここで一度想像してみて下さい。

もしこの「お金はただの紙」という真実に
世の中の多くの人が、気が付いてしまったら・・?

あなたが生活を送る社会のバランスは
あっという間に崩壊してしまう事は
想像に難くありません。

こうお話しすると、まるで
おとぎ話の様に聞こえるかもしれません。

しかし、こうしたハイパーインフレは
世界各国で実際に起こっているのです。

近年は、日本でもこのハイパーインフレが
起こるのではないかと、誠しやかに
噂されていますが、その可能性も
ゼロであるとは言い切れません。

あなたが、何気なく毎日の生活を送り
当たり前の様にスーパーやコンビニで
買い物をしている、この日本でも

ある日突然、この様な事態が起こり得る
可能性がある事を知っておきましょう。

次回は、デフレについてお話しします。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

インフレとデフレ 2
[お金の授業 25時間目]

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す