長期的な稼ぎと短期的な稼ぎ【お金の授業 13時間目】

Pocket

スポンサードリンク

長期的な稼ぎと短期的な稼ぎ

今回のテーマは
“長期的な稼ぎと短期的な稼ぎ” です。

以前、ビジネスとは、あなたの持つ “価値” と
誰かの持つ “お金” を交換して貰う行為である
というお話しをしました。

この、価値とお金を交換をして貰う行為を
今回はわかりやすく “稼ぐ” という表現で
お話していきます。

それでは、今回のテーマ

つまり・・・

“小さくても長く稼げる仕組み”

“短期的に大きく稼げる仕組み”

この2つでは
いったい、どちらが大切だと思われますか?

新しいお金の概念が、身に付いて来ている方は
“小さくても長く稼げる仕組み” が重要だと
思われる事でしょう。

しかし、正解は “両方とも重要” です。

そして、この割合は
「8:2」ほどが、理想です。

スポンサードリンク


まず「8」の割合で “長期的な稼ぎ” を
基盤とした、小さくてもよいので
長く稼げる仕組みを構築します。

この “長期的に稼げる仕組み” を日々
補強していきながら

“短期的に大きく稼げる仕組み” を
要所、要所で織り交ぜていく

このスタイルこそが、お金持ち養成学校で
提唱する、あなたがビジネスを構築する際の
理想の収益モデルです。

「とにかくお金を稼ぎたい」という思いの
強い方ほど “短期的に大きく稼げる手法”
のみを追い求め、こちらばかりに
意識が向いてしまいがちです。

しかし “長期的な稼ぎ” という軸がなければ
目先の利益のみを追求したビジネスでは
一時的に大きく稼げたものの
それで終わってしまうという可能性が
非常に高いのです。

これは、ビジネスにおいて
最も重要な “価値” ではなく
その先にある “お金だけ” に
強く意識が向いてしまっている状態です。

このような人は、長期的に息の長いビジネスを
続けていく事は不可能です。

ですので、あなたが
自分のビジネスを創りあげていく際には
まず、そのビジネスが “長期的に稼げるか” を
最初に時間をかけて、ゆっくりと
考えてみて下さい。

“短期的に大きく稼げる仕組み” は
これらが形になってきてから
考えれば良いのです。

今回のお話しは、息の長いビジネスを創りあげ
より多くの価値を世の中に届け続けるためには
何より、最初に理解しておかなければならない
重要な考え方です。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

グローバルな考え方
[お金の授業 14時間目]

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す