牢獄からでも1億円(前編)【お金の物語】

Pocket

スポンサードリンク

ms-牢獄からでも1億円

1972年

福岡県八女市で、ある共働きの夫婦の間に
一人の男の子が生まれました。

厳格な父親に、キャリアウーマンの母親

その男の子は、とてもしつけに厳しく
また共働きのため、子供としては少し寂しい
家庭環境の中で、幼少時代を過ごしました。

そんな家庭環境からか
小学校に上がってからも友人が少なく
近所の人達からも「暗い少年」
というイメージを持たれてしまいます。

しかし一方で、頭脳は明晰で成績も優秀

彼は、そのまま久留米大学附設の中学
そして高校へと、トントン拍子に進みました。

そこで彼は、その後の人生の転機となる
運命的な出会いを迎えます。

彼の通う高校の先輩に
現ソフトバンク社長 孫正義氏の
存在があったのです。

スポンサードリンク


彼は、まるでヒーローの様な
孫正義氏の活躍を、感性豊かな10代の内に
一番近くで目の当たりにすることで
とても多くの刺激を受けました。

その後、彼は現役で東大に合格

1996年には、在学中の友人ら4人と
ホームページの制作・運営をする会社
『オン・ザ・エッヂ』を立ち上げます。

当時、ようやくインターネットが
日本でも普及し始めたばかりの頃に
いち早く、Web関連のビジネスに着目した
彼らの会社は、急速に成長していきました。

そして翌、97年には株式会社となり
彼は「さらに会社を大きくしたい」と
株式上場を目指し突き進みます。

しかしこの「株式上場」という彼の方針が
他のメンバーとの間に亀裂を生みます。

会社の成長を一番に考える彼と
クライアントを一番に考える仲間達

何度も話し合いと衝突が繰り返されました。

しかしこれらは、最終的に和解する事無く
ついに仲間達は次々と彼の元を
去っていってしまいます。

しかし、仲間を失ってまで貫いた彼の信念は
ついに実を結びました。

ネットバブルが崩壊する直前の2000年

「オン・ザ・エッジ」は、ついに
株式上場を果たしたのです。

こうして彼は、上場で得た60億円を元手に
ネットバブルが弾け、次々と倒産に
追い込まれていくネット関連会社の
買収を始めます。

彼は、短期間の内に
実に30社以上の買収に成功しました。

2004年には、買収したプロバイダー会社の
『ライブドア』に社名を変更

さらに、同年
彼の名が日本中に知れ渡る事になる
あの一大買収騒動が巻き起こります。

牢獄からでも1億円(後編)を見る

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

   

コメントを残す