グローバルな考え方【お金の授業 14時間目】

Pocket

スポンサードリンク

グローバルな考え方

グローバルとは、本来 “包括的な” という
意味ですが、お金やビジネスの分野では
“世界的規模” として扱われています。

また、このお金持ち養成学校でも
『グローバル = 世界的規模』という
意味合いで、この言葉を使っていきます。

世界的といっても、今一ピンとこない方も
いるかもしれませんが、現在は
日本人の視点のみで物事を考える事は
すでに、時代遅れといっても
過言ではありません。

それは、ITの普及により
世界との距離が驚くほど縮まり
海外の情報を入手する事も
例え、個人といえど容易になったためです。

以前、元ライブドア社長の堀江隆文さんが
インターネット上の番組で
面白いお話をされていました。

それは現役時代、ライブドアのトップページで
韓国の新聞社が配信するニュースを
掲載していたそうです。

これは「海外のニュースも面白い」といった
堀江さんならではの視点を活かした
サービスでした。

しかし実際には、そこに
大量の苦情が寄せられたそうです。

「海外の事件なんて興味ないよ!」

「日本のニュースを配信して下さい!」

これが日本人の価値観だ、と言ってしまえば
それまでなのですが、ことお金に関しては
このような考え方を持った方は
これからの時代、まずお金持ちになる事は
できません。

なぜなら、すでに日本の時代の流れは
世界先進国のスタンダードから
少しずつ遅れて来てしまっているからです。

それでは、どうすれば良いのでしょう?

スポンサードリンク


それは・・・・

広い視野を常に意識して
生活を送る事

実は、たったこれだけのことで十分なのです。

これは、例えば
日常的などんな物事に対しても

「アメリカの人達は
 どんな風に思うんだろう?」

「ヨーロッパでは
 どう扱われているんだろう?」

こうした、既存の日本文化の常識に
とらわれない、新しい視点を持つ事を
意味します。

こうして、広い視野を意識しながら
毎日を過す事で、少しずつ
今までとは違った視点で物事を見たり
考えたりする様になっていきます。

そしてある時、気が付けば
自然と広い視野を持ったものの考え方が
できる様になっている、というわけです。

例えば、あなたが
ゴルフが好きだったとします。

そこで、海外でも活躍する
若きトップゴルフプレーヤー
石川遼選手に注目してみましょう。

「稼いだ賞金は何に使っているんだろう?」

「海外では、どんな生活を
 送っているんだろう?」

まずは、こうした興味の湧くところから
自分と違った価値観がないか、探してみます。

そして次に、今度はその興味の対象を
全く知らない、別の海外の選手にも
向けてみましょう。

すると、日本人にはないものの考え方や
また、その国ならではの文化などを
知る事ができるのです。

たったこれだけの事を繰り返していくうちに
あなたの視野は、どんどん広がっていきます。

これがもっとも簡単に
視野を広げていく方法であり
小さくても、後に大きな差となる
最初の第一歩となるのです。

ここまでで “グローバルな考え方” に
今一ピンとこない方もご安心下さい。

お金持ち養成学校のお金の授業では
常に新しい視点を意識した情報を
発信しております。

これらをご覧頂く事で、あなたも気が付けば
グローバルな考え方が理解できる様に
なってきます。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

貯金の裏側
[お金の授業 15時間目]

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

One Response to “グローバルな考え方【お金の授業 14時間目】”

  1. 狼人 より:

    はじめまして狼人と申します。
    視野が広いとは正にこのことを言うんですね。
    勉強になりました、ありがとうございます。

コメントを残す