具体的に稼ぐためには?【初心者講習 5時間目】

Pocket

スポンサードリンク

具体的に稼ぐ為には?

お金の考え方を変える、師匠を見付ける
そして、いよいよ最後の3ステップ目が

“具体的に、何をしてお金を稼ぐのか?”

これは、実に世の様々な人が抱えている
とても大きな問題です。

これらに直面した場合、多くの人はまず
“儲かる方法” を探そうと考えます。

「何が儲かるのだろう?」
「何をすれば儲かるのだろう?」
「どうやれば儲かるのだろう?」

しかし、これもまた
大きな間違いなのです。

この時に、あなたがまず最初に考えるべきは

自分には何ができるのか?

自分は何をやりたいのか?

この2つです。

これらを、きちんと見付けない限り
あなたは、大きなお金を稼ぐ事はできません。

“お金を稼ぐ” ということは
あなたが持っている “何か” と
他人が持っているお金を
“交換して貰う” という事です。

この時、あなたが提供する “何か”

これが “価値” です。

他人は、あなたの提供するものに
価値を感じない限り、決して
お金と交換してはくれません。

仮に、あなたが絶対にいらないと
思う様なものを「100万円で買って下さい」と
言われたら・・・いやですよね?

これは、その提供されたものに
あなたが “価値を感じていないから” です。

スポンサードリンク


世の中は、様々な価値で溢れています。

また、その価値に対する思いも
人それぞれです。

ある人からすれば、いくら払ってでも
手に入れたいと思える様なものも
また、他の人からすれば
お金を払うに値しないゴミに見えたり

ある素晴らしいサービスを受けて
「お金では感謝の気持ちを表せない」と
思う人もいれば、まったく何も感じない
当たり前だと感じる人もいます。

つまりあなたも、価値を感じて貰えるものを
その価値を感じてくれる人に
正しく提供しない限り、決してお金と
交換して貰う事はできないという事です。

こうした、価値とお金の交換を
世の中では “ビジネス” と呼びます。

では、あなたの “提供できる価値” とは
何でしょう?

・・・これは、当たり前のことですが
あなたにしかわかりません。

「自分には何ができるんだろう?」

「自分は何が好きなんだろう?」

「自分とはどんな人間なんだろう?」

あなたも、こんな風に自分を客観的に見た事が
一度や二度はあるはずです。

しかし、この答えを
具体的に言葉にしようとすると
上手く表現できないのではないでしょうか?

実は、多くの場合、というよりほとんどの人が
本当は、自分の事を良く知らないのです。

なぜなら

“自分と向き合う時間を作らないから”

他人と話す事はあっても
自分とは会話をしないので
自分がどんな人間なのか

自分でもよく分かっていないのです。

しかし、自分の力でお金を稼ぎたいのなら
必ず、自分自身とゆっくり相談する時間を
設ける必要があります。

「自分に提供できる価値は何なのか?」

これを考える事から
“お金を稼ぐ事” が始まるのです。

あなたが世の中に提供できる価値は
例えあなたが、どんな人生を
送ってきたとしても

“1つも持ち合わせていない”

という事は、まずありません。

あなたが生まれたての赤ん坊でない限りは
必ず “何かしらの価値” を持っているのです。

それでも、1つも見付からないといった場合は
あなた自身が気が付いていないだけ

そんな時は、もっとじっくり
自分と向き合ってみたり、家族や仲の良い友人
尊敬する人物に聞いてみましょう。

そしてあなたが
“世の中に提供できる価値” を見付けたら
次は “あなたがやりたい事は何なのか?” を
考えます。

この「自分は何をやりたいのか?」

これも、非常に大切です。

世の中に価値を提供する事ができても
あなた自身が、この活動を楽しめなければ
結局、これらはいつか無価値になって
しまいます。

また、やりたくない事をして手にしたお金では
あなたは、本当の喜びを感じる事が
できません。

あなたが “自分の価値を提供したい” と
思える相手に、あなたの価値を届け
その結果、お金と交換して貰う

これが、本来あるべき
“正しいお金の稼ぎ方” です。

今回は、抽象的な表現が多かったので
少しわかりにくかったかもしれません。

しかし、この先の
お金の授業を読み進めて頂いた後
改めてこの授業の内容をお読み頂ければ
私の言いたい事が、きちんと
ご理解頂けるはずです。

まず、今回の授業の内容は
ぼんやりとで良いので頭の片隅にしまっておき
この先の授業に進んで下さい。

それでは、また次の授業でお会いしましょう。

資産を構築する価値
[初心者講習 6時間目]

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

   

コメントを残す