マイナンバー制度の導入で、今後の日本や私たちの暮らしはどうなるの?

Pocket

スポンサードリンク

マイナンバー制度の導入で、今後の日本や私たちの暮らしはどうなるの?

こんにちは。
あしながおじさんです。

今月は私が2011年に描いた絵本『お金持ちへの地図』の改変作業に当たっていたため、少々こちらの『あしなが日記』の更新がおろそかになっておりました。

しかしながら、この作業も先日ようやく終わりを迎えましたので、改めて本日より、この日記を再開させたいと思っております。

また『お金持ちへの地図』は(2015年10月)現在、電子書籍版を無料で配布しておりますので、ご覧になりたい方は本記事の最下部よりご請求いただければと思います。

さてそれでは、久しぶりとなります今回のあしなが日記のテーマは、昨今いろいろと世間を騒がせている『マイナンバー制度』

こちらについて、私なりの見解をお話ししたいと思います。

この制度は、もう随分と前から導入することが決定していたようですが、東日本大震災やTPPの問題などから、実際の導入は見送られていたともいわれています。

ではこの『マイナンバー制度』が、私たちの暮らしにどんな影響や変化を与えるのか?

こちらをリスクの視点から、最も大きなデメリットであると考える3つをご紹介したいと思います。

個人情報漏洩のリスク

世間で一番の話題となっているのが、この『個人情報漏洩のリスク』です。

しかし、多くの方が懸念されている「マイナンバーが漏洩したら、銀行の口座から貯金が引き出される」などといった考え方は、やや早合点です。

仮にマイナンバーが漏洩しても、銀行や行政の窓口では今まで通り『本人確認』が行われるため、例えば免許証や保険証といったものと合わせて悪人の手に渡らなければ、悪用される心配はありません。

しかし、生年月日や名前、住所などは明らかとなってしまうので「変な勧誘の電話がかかってくるようになる」「売り込み広告が自宅に送られてくる」といったリスクはあるでしょう。

また『社会保障番号』との名で、1936年からマイナンバー制度を導入しているアメリカでは『亡くなった家族になりすまして年金を不正受給する』また『マイナンバーそのものの売買が行われている』との問題が指摘されています。

もともと保守的な考え方を持つ日本人であれば、アメリカほど大げさなことにはならないかもしれませんが、海外からの闇業者などが日本国内でマイナンバー売買の斡旋を行う

また日本人が海外旅行に出かけた際には、パスポートと合わせて狙われるようになる可能性も否定できません。

(世界的に信用の高い日本人のパスポートは、海外で高く取引されています)

しかし、行政での手続きが簡略化されたり、デジタル管理されることで、これらにかかる人件費などのコストが大きく下げられるというメリットは、現在多くの財政問題を抱える日本では歓迎すべき制度であるとの見方もあるようです。

サラリーマンやOL副業禁止のリスク

スポンサードリンク


こちらもとあるメディアが報じたことで大きな話題となりましたが「マイナンバーが導入されると会社に副業がバレてしまって、クビになる人も出てくるのでは?」といった懸念です。

確かにマイナンバー制度が導入されれば、勤め先には自分のマイナンバーを知らせる義務が出てきます。

しかし『マイナンバー』は、基本的に行政の手続きに使用するものなので、この番号が会社に知られたからといって、即座に副業がバレるというものではありません。

ただしマイナンバー制度によって、結果的に副業の存在が会社に知れる可能性もゼロではないでしょう。

そのため「クビになるよりはマシだ」と先手を打って、副業から足を洗ってしまう方も増えてくるかもしれません。

今の時代はインターネットの台頭によって、個人でも『副業』にかかるハードルが非常に低くなりました。

「Youtubeに動画をあげて広告収入を得る」「ブログ記事を書いて企業からの報酬を得る」など、素晴らしい才能を持った個人の方々が、今までにはなかった新しいビジネスモデルで、世の中に向けた個性的な価値を発信するようになったのです。

こうした個人の小さな活動が、ようやく日の目をみるかと思われていた矢先にあって、マイナンバー制度の導入が足を引っ張る可能性があることは、個人的には非常に悲しいことであると考えています。

『副業の禁止』は会社の規定ですので、それを無視してまでこれらの活動を続けることは難しいのかもしれませんが、もしあなたがそんな『未来に向けた活動』に取り組んでいるのであれば

今一度、あなたの活動が生む価値の大きさと、会社に勤め続けることを秤にかけて、ゆっくりとお考えになって頂けることを願っています。

国内資産の完全把握

マイナンバー制度が導入されれば、日本国民の『国内にある資産』の額は全て政府に把握されることになります。

この動きを嫌い、日本の富裕層と呼ばれる人々がどんどん海外へと移住してしまうのではないかという、懸念の声が挙がっていることはご存知でしょうか?

富裕層の中には、資産家と呼ばれる不動産や株式などを多く保有する方もいますが、その一方で世の中に新しい商品や技術を生み出す、経営者や実業家の方々もいます。

こうした『日本に新しい価値を生み出す人たち』が、もし仮に日本に見切りをつけて海外へ渡ってしまったら?

これは非常に大きな国の損失になるのではないと考えます。

まとめ

いろいろとデメリットばかりのお話をしてきましたが、個人的には『マイナンバー制度の導入』はおおむね肯定的に捉えています。

しかし今回挙げたようなリスクを重く捉えた人々が、今後どんな行動を起こすのかは、正直、予測がつきません。

あなたはこの『マイナンバー制度』をどうお考えですか?

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す