『生きたお金の使い方』をユダヤの商人から学ぼう

Pocket

スポンサードリンク

『生きたお金の使い方』をユダヤの商人から学ぼう

こんにちは。
あしながおじさんです。

このあしなが日記では、以前『ユダヤの教えに学ぶお金持ちになる秘訣』というお話をお届けしました。

世界的に富裕層の割合が高いユダヤ人が、代々大切にしてきた教え『タルムード』から、正しいお金の考え方や人生を豊かにするための教えを、少しだけご紹介しました。

ユダヤの教えに学ぶお金持ちになる秘訣

“お金持ち” や “富裕層” というものを深く掘り下げていくと、かならずといって良いほど『華僑』や『ユダヤ』というワードを目にすると思います。

これは、華僑(海外へ移住している中国人)やユダヤ人が非常にお金を扱うスキルに長けており、また人種から見た富裕層の割合が高いためです。

こうした背景を支える裏には『お金の使い方が上手い』という事実があります。

そこで今回は、そんな『ユダヤの商人』から “生きたお金の使い方” を一緒に学んでいきたいと思います。

まず、ユダヤ人は『お金が好き』です。

さらには「お金が好きである」ということを隠すことはなく、公の場や友人同士の集まりの場などでも、当たり前のようにお金の話をするといわれています。

日本人は、昔から「お金の話をすることは、いやしいことである」と教育されてきたため、あまり人前でお金の話はしません。

しかしこの『日本の文化』こそが、あなたがお金持ちになることを遠ざけているかもしれないのです。

華僑やユダヤ人は『金銭教育』をとても重んじることでも有名です。中でも、子供たちに対する金銭教育には、特に力を入れているといわれています。

これが代々受け継がれていくわけですから、華僑やユダヤ人の富裕層がいつまでも繁栄し続けるのにも納得です。

こうして『高いお金の英才教育』を子供の頃から受けてきたエリート達は、大人になり社会とのつながりを持ちます。

ここで、様々なビジネスや人脈を構築し、また新しい富を築くのです。

スポンサードリンク


そんな『成功を収めるユダヤ人』は、世界中の人々から尊敬と畏怖の念を込めて『ユダヤの商人』とも呼ばれています。

しかし、ここでひとつだけ、ユダヤの商人と私たち日本人に共通するある “美徳” があります。

それは『節約は大切』という考え方です。つまり「無駄使いをしないことこそ、賢い者の生き方」という概念ですね。

消費や浪費に対してはとことんお金を使うことを拒み、必要最小限に抑えるための努力を怠りません。

しかしユダヤの商人には『節約』と共に、もうひとつお金に対する重要な考え方を持っています。

それは『お金の使い方』です。

ユダヤの商人は、ビジネスや社交の場、またプライベートでも、お金を使う際には『2種類の使い道』に分けて考えているといわれています。

その2種類とは『生きたお金』そして『死ぬお金』です。

また、この2つの境界線は、私たち日本人のように曖昧(あいまい)なものではなく、とても明確に分かれているといいます。

ここでいう『死ぬお金』とは、消費や浪費に当たるもの。つまり、そのお金を使っても返って来る見込みがないものを指します。

そして『生きたお金』とは、将来的に殖える、または大きく返って来る見込みのあるもの。

具体的には “金融や不動産に対する投資” や “他人のために使うお金”

そして “時間と交換するために使うお金” に “自分の勉強のために使うお金”

彼らは、こうしたものに対するお金の使い方であると判断すれば、迷うことなくすぐに、しかも多額のお金を使います。

『生きたお金の使い方』を、短い人生の中でいかに多く実践できるか?

これが、私たち日本人とユダヤ人との一番大きな考え方の違いだったのです。

あなたはこれからの人生で、何回『生きたお金の使い方』ができそうですか?

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す