あなたは『複利』について、どのくらい知っていますか?

Pocket

スポンサードリンク

あなたは『複利』について、どのくらい知っていますか?

こんにちは。
あしながおじさんです。

このあしなが日記では、少し前のエントリーで『最近は、お金を稼ぐと検索するより”お金を増やす”と検索をする人が増えている』というお話しをしました。

これからの時代に不可欠な『お金を増やす方法』と『考え方』

これは、今の日本人のマネーリテラシーが高くなってきており、お金を稼ぐ術を身に付けた人たちが『お金を増やすためにはどうすればよいか?』という、次のステージに移り変わってきている証なのではないか、というお話しでした。

実はこの『お金を増やす』というワードに加えて、ここ近年で増えているお金の検索ワードがあります。

それは『複利』という言葉です。

そこで今回は、そんな複利について掘り下げていくとともに、実用的な複利の活用方法もお伝えしたいと思います。

そもそも『複利』って何?

お金持ち養成学校のお金の授業では、全3回に渡って複利を扱っていますが、今回はもう少し簡略的でわかりやすい例を用いてお話しします。

複利とは?【お金の授業 16時間目】

複利は、一言でいえば『お金持ちになるためには欠かせない考え方』です。

世の中の投資家はもちろん、世界的な成功を収めているビジネスマンまで、大きな富を得ている人で『複利』を知らない人はいないといっても過言ではありません。

しかしたった数年前まで、私たちの住むこの日本では『複利』を知らない人がたくさんいました。

これは、今までの日本人がお金を学ぶ機会を得られなかったことに加え『複利』の力があまりにも強大であったため、その事実を他人に話そうとする人がいなかったからであるともいわれています。

また複利は、明治時代ごろまでは義務教育で使われる教科書にも詳しく載っていたのですが、なぜか戦後ごろから『複利』に関する一切の記載が、教科書から消えてしまったという事実も関係しているでしょう。

スポンサードリンク


では複利とは何なのか?

これを理解することは、とても簡単です。

例えば、10000円に対して10%の金利がついたとします。すると、最初に持っていた10000円は11000円になりますね。

では、この増えた『1000円』を使わないようにして、さらに10%の金利を受けとりましょう。

すると今度は『11000円』に対して10%の金利がつくので、増える金額は『1100円』となり、合計は『12100円』になります。

これが複利です。

複利の活用方法

非常に簡単な理屈ですが、これが複利の全てです。

もしかすると、あなたは今「これが “お金持ちになるためには欠かせない考え方” なの?」と思われているかもしれませんね。

では、先ほど金利によって増えたお金を、ずっと使うことなく、この10%の金利を受け続けるとどうなるか?

つまり『12100円』になったお金も使うことなく、さらに10%の金利を受け取るために置いておく。

実は、このやりとりを50回続けると、最初に持っていた10000円は、なんと『1173521円』になります。

10000円という、少し豪華な食事をすればなくなってしまうようなお金も、複利を使って運用するだけで100万円以上のお金にすることができるのです。

これは、種と収穫の原理に似ています。

種を植え、実っただけの作物を全て食べてしまえば、なくなった時点で終わりです。

しかしその作物を食べることなく、新しい種を得るために活用すれば、数年後にはとてつもない収穫量を得ることも可能となるのです。

つまり複利を活用する方法とは『増えたお金を使うことなく、さらに増える仕組みへ投資する』

これが、誰でもできる『複利』の活用方法です。

ぜひあなたも、今日から『複利』というものを意識した生活を送ってみてください。

もしかすると、数年後にはとてつもないお金持ちになっているかもしれませんよ。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す