一生お金に困らない人になるための 華僑に伝わる3つの心得

Pocket

スポンサードリンク

一生お金に困らない人になるための 華僑に伝わる3つの心得

こんにちは。
あしながおじさんです。

前回のあしなが日記では、あなたにも『生きたお金の使い方』ができるようになって頂くため、世界の富裕層の中でも取り分け高いマネーリテラシーを持つことで有名なユダヤ人の『お金に関する教え』をご紹介しました。

『生きたお金の使い方』をユダヤの商人から学ぼう

そのお話の中で、同じく世界の富裕層の中でも有名な『華僑』というの人々の名前が出ました。

華僑とは、海外に移住した中国人のことで、ユダヤ人と同じく、その高いビジネスセンスやマネーリテラシーを駆使して、世界の経済の根底を支えているともいわれる人々のことです。

今回は、そんな『華僑の人々』の持つ世の中に対するものの見方や、お金に対する考え方に着目して『一生お金に困らない人』になるための心得をご紹介したいと思います。

お金に困らない人になるための華僑の心得 その1
『子供の教育費も “投資” であると考える』

まず、私たち日本人と一番大きく違うのは『学校教育に対する考え方』です。

最近では、ややその傾向も薄れてきてはいますが、日本人は『良い学校に入ること』が人生の重要な1つの目的であると考え、親後さんや教師は、そのための道や勉強法を解こうとします。

しかし、華僑の人々は『自分の子供にビジネスセンスがあるかどうか』に常に着目し、そのための才能がないと判断した場合に初めて、良い学校へ入れるための道を模索するといわれています。

これは、我が子が自分の力だけでお金を稼ぐことができないようなら、将来、せめて少しでも高い賃金で雇って貰えるようにとの配慮です。

しかしその一方で、華僑の人々は『子供の教育費』の使い方に関しても投資の概念を持って臨んでおり、将来的に最も高いリターンが得られるようなお金の使い方を考えているともいわれています。

こうした子供の教育に関しても『良い学校に入ること』が目的となっている日本人とは違い、華僑の人々にとっては手段の一つに過ぎないというわけですね。

スポンサードリンク


現在、あなたにお子さんがいる場合や、これからお子さんを持った際には、ぜひこの『華僑の人々の心得』を活かしてみてください。

また、これは『あなた自身への自己投資』へと置き換えて考えることもできます。

今の時代にそぐわない、古い考え方を捨てるだけでも、未来の収入を大きく変えることができるでしょう。

お金に困らない人になるための華僑の心得 その2
『おごったお金は “相手の財布にお金が移動しただけ” と考える』

もしかするとあなたは、華僑の人々に対して『守銭奴』といった、お金にいやしく、がめついといったイメージをお持ちかもしれません。

しかし華僑の人たちは、何より『人とのコミュニケーション』を重要視します。これは、友人や仲間に対しては、毎日のように夕食の席を共にするほどです。

また、この食事の終わったあとには、誰もが率先してお金を出そうとします。

日本人は、友人などと食事にいった際にも『おごる、おごられる』といったやりとりが苦手な方が多いです。

また『おごってもらえればラッキー』『おごる羽目になった場合はついていない』と考えてしまいがちです。

しかし華僑の人々は『おごる』という行為に対し “相手の財布に自分のお金が移動しただけ” と考えます。また『割り勘にする』という文化もありません。

これは、おごることで相手のとの心の距離が縮まり、その後、より深いコミュニケーションを育むことに、最大の価値を見出しているためです。

つまり、こうした食事の席でかわしたコミュニケーションこそが『最大の利益を生む投資の場である』と考えているということです。

やはり、成功へと導く世の中の真理は『人と人とのつながり』というわけですね。

お金に困らない人になるための華僑の心得 その3
『スケジュールは常に開けておく』

これも前述した『人とのコミュニケーション』につながるのですが、華僑の人々の間では「忙しい」という言葉がNGワードになっています。

これは「忙しい、忙しい」と口にすることで、重要な『人との出会いのチャンス』を逃がしてしまうと考えているためです。

例えば、あなたがとても暇で、誰かとどこかへ遊びに行きたいな、と思ったとします。

このとき、いつも「忙しい」と口にする友人や知り合いは、無意識のうちに声をかける候補から外してしまうのではないでしょうか?

つまり、そういうことなのです。

『人とのコミュニケーション』を重要視する華僑の人々は、こうした『人と会うチャンス』を逃さないため、常に余裕のあるスケジュールを組んでいるといわれています。

こうした些細な心がけこそが、華僑の人々の裕福な生活を支える軸となっているのです。

あなたのスケジュール表は、予定が詰まりすぎていませんか?

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は、私が特に重要であると思った『華僑に伝わる心得』をご紹介しました。

子供の頃の教育や大人になってからの人付き合い。これこそが、あなたの人生をより豊かなものにするための何よりも重要なポイントです。

ぜひ今日から、この『華僑の心得』を、あなたも実践してみてください。

参考文献:一生お金に困らない「華僑」の思考法則【大城太】

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す