日本で『爆買い』してる中国人って、みんなお金持ちなの?

Pocket

スポンサードリンク

 

こんにちは。
あしながおじさんです。

最近たびたびニュースで目にする、中国人観光客による『爆買い』

中には1店舗で100万円以上の買い物をする人もいるそうですが、果たしてこうした中国の人たちは、そんなにお金持ちなのでしょうか?

この『中国人の爆買い』は、過去には中国の富裕層にだけ見られた光景であったそうですが、最近では平均年収が50万円程度の中流階級の人々も、日本で爆買いを行っているようです。

そこで今回は、そんな爆買いをする中国人が「なぜ、そんなにお金を持っているのか?」というテーマでお話を進めていきたいと思います。

中国人は何を『爆買い』しているの?

日本で『爆買い』してる中国人って、みんなお金持ちなの?

まず、中国人がわざわざ日本に出向いてまで買いたいものとは、いったい何なのでしょうか?

東洋経済オンラインによれば、こうした中国人観光客に人気の商品は、主に『日本製のお菓子や健康食品』『日本製の家電』そして『日本製の医薬品』であるようです。

中国では、たびたび食品に対する信頼性が問題となっていますが、これらの懸念を『日本製』というブランドと安心で補おうという傾向にあるようです。

また電化製品に関しても、爆発したりすることもある中国製品への不安から「壊れにくい」「安心」という日本製品が、多少値段が高くとも、中国人からの支持を集めている要因となっています。

確かに私たちが暮らす日本にも、昔から「安物買いの銭失い」という言葉があるように、中国の人も「どうせ買うなら、高くても安心できるものを」との思いが強いようですね。

中国人『爆買い』 日本への経済効果は?

スポンサードリンク


読売新聞によれば、2015年に日本へ訪れる海外からの旅行者の数は、過去最高の1800万人にのぼると見られており、日本への高い経済効果も期待されていると伝えられています。

また、こうした外国人旅行者の中でも、200万人近い割合を占める中国人に高い期待が寄せられており『中国バブルの崩壊』と噂されるも、日本への渡航者の数は未だに伸び続けているとも報じられていました。

しかしその一方で中国人のマナー問題や、現在の中国景気に頼る姿勢を問題視する意見もあり、一部では「素直に喜んでもよいものか」との声も聞かれます。

もし仮に中国のバブルが本当に崩壊してしまうと、日本だけではなく他の様々な主要国への影響も懸念されていますので、できる限り今の中国には頑張ってもらいたいものですね。

平均年収が50万円の中国人の収入源とは?

日本で『爆買い』してる中国人って、みんなお金持ちなの?

前置きが長くなってしまいましたが、いよいよ本題の「平均年収が50万円程度の中国人がなぜ、日本で爆買いできるのか?」をお話ししていきたいと思います。

実はこの『平均年収が50万円』というのは、あくまでも『労働収入』での額であり、その他の収入は含まれていません。

私たち日本人からすると『平均年収』は、そのままその人の収入の全てと考えてしまいますが、これは日本が特別なだけです。

中国に限らず、他国の人々は『労働収入』以外に、投資や副業などからの『別の収入源』を持っていることが一般的です。

また中国では「一つの収入源しか持っていない人は無能」と見られる文化があり、ほとんどの人が『労働収入』以外の収入源を持っています。

またその額も、労働からの収入よりも高額である場合がほとんどで、数倍から数十倍の収入を得ているのです。

これが、平均年収50万円の中流階級の中国人が、日本で爆買いできる理由です。

しかしこの『中国人の他の収入』というものが、投資の配当や正規のビジネスからの収入である一方、役人への賄賂や不正な利権からの収入も含まれていることが問題視されています。

これに対し世界では「いい悪いは別にして、中国人のたくましい国民性は見習うべき」との見方もあるようです。

あなたは、そんな中国人のたくましさをどう思いますか?

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す