世界の可笑しな税金制度

Pocket

スポンサードリンク

税金

2014年4月の消費税増税以降
日本では “税金” というキーワードに
過敏になっている方も多いと思います。

もちろん、税金は私達の生活にも
密接に関わってきますから
政府にとっては、たかが数%でも
一般のご家庭にとっては
大きな負担となる場合もあります。

しかし今回は、税金について
政府批判をするのではなく
少しだけ肩の力を抜いた
娯楽的な記事を綴ろうと思います。

毎日毎日 “税金” “増税” と
ネガティブなニュースばかりでなく
こうした娯楽記事を読む事で
あなたの気晴らしができればと思います。

そこで、今回取り上げるテーマは
「世界の可笑しな税金制度」です。

スポンサードリンク


税金とは、いってしまえば
たとえそれが屁理屈であっても
可決さえされれば、どんなものにでも
課す事ができます。

そして世界を見渡せば
いろいろと可笑しな税金制度があるのです。

____________________

【独身税】ブルガリア
____________________

独身者の収入に課せられる税

20歳以上の独身者のみ
収入の5%〜10%を徴収

少子化対策の名目で課せられたが
大した効果を上げられず
1989年に廃止された

____________________

【肥満税】アメリカ・ハンガリー
____________________

ハンガリーでは、肥満対策の名目で
2011年より「ポテトチップス税」導入

アメリカでは「炭酸飲料税」が検討されたが
業界の反発にあい、導入には至らなかった

____________________

【空気税】フランス
____________________

19世紀のフランスで、当時の財務大臣
エティエンヌ・シルエット発案の税制

その後、国民の大反発を受け廃案に
財務大臣は、辞職に追い込まれた

____________________

こうして振り返ってみると
可笑しな税制として見る事ができますが
当事者としては笑い事ではありません。

国民の義務として、納税は仕方ありませんが
せめて、社会保障や経済の発展という
価値あるものへ投資して貰いたいというのが
納税者としてのただ1つの願いです。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す