日本人が投資をしない 5つの言い訳

Pocket

スポンサードリンク

投資

日本人は、世界でも特別 “投資” に対して
強い抵抗感を持っている人が多い人種です。

これは、国民的なお金に対する
知識不足が招いた結果なのですが
様々な不安要素を抱える今の日本で
本当にこのままで大丈夫なのでしょうか?

アベノミクスが掲げる “2%のインフレ目標”

これが実現すれば、あなたのお金は
2%分の価値を失う事になります。

また、高齢化社会や年金制度の崩壊など
将来を安心して暮らしたいのであれば
現在の日本人は、資産運用と
真剣に向き合う必要性があると考えます。

そんな今回は

『なぜ日本人は投資に抵抗感を抱くのか』

こちらを掘り下げてみたいと思います。

スポンサードリンク


有名な生活情報サイト AllAboutで
資産運用に関する記事を執筆されている
ファイナンシャルDr 北川邦弘さんによれば

「日本人は、ある5つの口実によって
 自ら投資を遠ざけている」

とされています。

その5つの口実とは・・

・お金儲けは卑しいことだ
・投資をするなんてどん欲だ
・勉強しなければ成功しない
・金持ちになってからするのが投資
・投資なんて損をするに決まってる

これら上記の全ての口実は
すでに時代遅れであると共に
現在では、将来のあなたを不幸にしかねない
非常に危険な考え方です。

モノや情報が溢れる現代の資本主義社会では
お金を稼ぐこと、そしてお金を使うことも
大切な経済活動や社会貢献の一環です。

また、投資は難しい、投資は危険
投資はお金持ちのすることという考え方も
あなたが、間違った方向から
投資を見ているだけなのです。

もし、この “5つの言い訳” に
少しでも思い当たる節があれば
今日から少しずつ、その考え方を
改めることをお勧めします。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す