おすすめのお金の書籍

Pocket

スポンサードリンク

おすすめのお金の書籍

最近「おすすめの書籍は何ですか?」という
ご質問を何件か頂いておりましたので
ジャンル事に分けて、こちらで
ご紹介したいと思います。

【お金の教育編】

初心者の方には、やはり
「金持ち父さん 貧乏父さん」です。

投資や節税関連の本を読む前に
お金の概念から学ばれておいた方が
結果として、お金への理解が早くなります。

また、本書籍の続編ともいえる
「キャッシュフロークワドラント」も
さらに世界観を広げるのに効果的です。

理系の方で、具体的な事例から
お金への理解を得たいという方は
ジェームススキナー氏の著書
「お金の科学」もおすすめです。

【ビジネス編】

こちらでも、やはり流行り廃りのある
テクニック関連の書籍ではなく
本質を学ばれることを推奨します。

それには、人間の購買心理を紐解いた
「影響力の武器」がおすすめです。

ビジネスの真理は、人を知ることです。

スポンサードリンク


【投資編】

こちらでは、日本人に
まずお読み頂きたい一冊が
星野泰平氏の著書
「半値になっても儲かるつみたて投資」
です。

俗っぽいタイトルではありますが
日本人の多くが理解していない
投資の本当の形を学んで頂けます。

【番外編】

有名な書籍ではありますが
去年お亡くなりになった
スティーブンRコヴィー博士の著書
「7つの習慣」です。

まさに「人はなぜ生きるのか?」といった
高尚な人間哲学が学べます。

自分の人生に疑問を感じ始める
30代の方におすすめの一冊です。


また、これら以外の書籍も
当サイトの「お金に関する推奨本」にて
ご紹介しております。

ご興味のある方は、ぜひ一度
ご覧頂けますと幸いです。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

 
 

コメントを残す