今さら聞けない「ビットコイン」誕生と破綻

Pocket

スポンサードリンク

1438

「ビットコイン」は、その
仮想通貨取引所の最大手
Mt.Gox社の破綻により、一躍
世界中の人々の注目の的となりました。

今回は、このビットコインの誕生と
その仕組み、破綻までをまとめてみました。

ビットコインという
新しい通貨が誕生したのは2009年

現カルフォルニア在住の日系人エンジニア
サトシ・ナカモト氏の電子マネー理論と
システムプログラムが元となり
誕生したと言われています。

*カルフォルニア在住のこの方が
 ビットコイン考案者のナカモト氏
 本人であるかどうかは不明

ビットコインとは、ネット上のみに存在する
仮想通貨で、個人と個人の取引履歴が
信用の前提として成り立つ
画期的な新時代のデジタル通貨です。

また、取引手数料は無料で
世界中24時間いつでもどこでも
手軽に送金や受け取りが可能

さらに、国家に依存しないこの通貨は
政治や経済、社会情勢などの影響を受けず
政府に預金を封鎖される恐れもありません。

スポンサードリンク


こうしてビットコインは欧米を中心に
世界中に普及し、2013年には
1ビットコイン=100USDにまで
その価値を高めるまでになりました。

海外では、ビットコインで支払いが出来る
飲食店なども登場し、キプロスの大学では
学費の支払いまでもが出来る様になりました。

もちろんネット上でも、日用品から
ゲーム、電子書籍などが購入でき
まさに新時代の理想的な通貨として
毎日、多くの取引が行なわれていたのです。

しかし、このビットコインはあくまでも
仮想通貨であり、また匿名で直接
個人への送金も簡単に出来てしまいます。

つまりその価値が、実際に流通している
通貨に近づけば近づくほど
マネーロンダリングやテロ資金などに
悪用される恐れも出てきたのです。

こうした可能性を感じた先進国の政府は
一方では容認の姿勢を示しながらも
その動きに目を光らせる様に
なっていきました。

そんなおり、2014年の2月末日
このビットコインの最大取引所である
Mt.Gox社が、ハッカーの被害を受け
あっけなく破綻に追い込まれました。

2年間に渡りハッキングを受けていたとされ
その実質被害総額は、3億5000万ドル相当
とも言われています。

これにより、ビットコインの信用は
世界的に大きく下落する事となりましたが
この新しい通貨概念そのものが
なくなってしまった訳ではありません。

こうした報道を受けて、あなたは
「やっぱり実体のない仮想通貨は危ないな」
と思われたかもしれません。

しかし、あなたの使っている
その「円」には、はたして本当の意味で
実体があるのでしょうか?

今回のMt.Gox社の破綻騒動は
今一度「お金」というものをよく考える
いい機会なのかも知れませんね。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

お金持ちへの地図 無料プレゼント中!
 

スポンサードリンク

 

Pocket

   

コメントを残す