消費税増税から始まる 〜 最悪のシナリオ2

Pocket

スポンサードリンク

1433

前編はこちら

しかし、実際には最新の機械を導入した事で
企業は生産性を高める事は成功しましたが
その分、多くの従業員が不要になりました。

これらの安くはない人件費を抱えたまま
一旦、大きく冷え込んだ消費が回復するまで
のんびり待っている余裕のない多くの企業は
ついに、従業員のリストラに踏み出します。

こうして、じわじわ失業率が上がり
解雇を恐れた人々は再び買い物を控え
そして結果的に、消費はさらに
冷え込んでいってしまったのです。

逃れられなくなった負のスパイラルから
多くの企業の業績はみるみる悪化

こうして、初期のアベノミクスの目論みは
次々と破綻していきました。

スポンサードリンク


そんな日本の状況を見て、世界の投資家達は
日本の行く末に不安を感じる様になります。

そしてその不安は、日本国債や
円という通貨への信頼低下へつながり
日本円は、過度な円安方向へと進みました。

こうなると多くの資源を輸入に頼る日本では
食料品なども含め、モノの価格が急上昇

スタグフレーション(景気は悪いのに
モノの価格は上昇し続ける)という
最悪の経済状況を迎えてしまったのです。


さて、ここまでのお話しをお読み頂き
気分を害された方も多いと思います。

しかし、このお話しはあくまでも
私個人の見解であり、さらにはあなたの
不安を煽りたいというわけでもありません。

このお話しは
「どんな時も、最悪の事態を想定しておく」
という私の理念からのただの妄想です。

もちろん、この様な未来は
私も決して望んではいませんし
こうならないで欲しいと
心から願っています。

しかし、いつ、どんな時でも
最悪の事態を想定さえしておけば
大概の困難は乗り越えられるものです。

今、あなたができる対策は?

こちらを今一度、ゆっくりとお考えになる事を
お勧めいたします。

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す