スウェーデンの消費税は25%

Pocket

スポンサードリンク

14227

あなたもすでにご存知の通り
2014年4月より消費税が8%に
引き上げられました。

財務省によると、この増税は
「社会保障財源のため」とされていますが
これが妥当な対策であるかどうかは
やや疑問の残るところではあります。

そして、この消費税は『10%』まで
引き上げられることが見越されています。

第一生命経済研究所の試算によると
日本の平均的な家庭「夫婦と子供2人」
「年収450〜500万円」という世帯の場合

年間の負担額は12万5889円
月にしておよそ1万円強の負担増になります。

スポンサードリンク


こうした消費税増税の話になると
マスメディアでよく引き合いに出されるのが
スウェーデンの「25%」という消費税です。

一見すると、増税後の日本の
倍以上を徴収されている訳ですから
よく国民から不満の声が挙がらないな
と思ってしまいがちです。

しかし、スウェーデンは

・18歳まで医療費は無料

・大学院までの教育費も国が負担

さらに老後は、定年前の収入の
2/3までの生活費が支給されるなど
福利厚生がとてもしっかりしている国なのです。

また、現在の日本の様に
一律で25%という訳ではなく
生活必需品は6%、食料品は12%など
軽減税率制度も導入されています。

そして、何より注目すべきは
スウェーデン人の多くがこの制度に納得し
この国の国民である事を幸せに感じている
という点です。

あなたは今後、この日本で
幸せになれそうですか?

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す