中国の富裕層 次々と国外へ

Pocket

スポンサードリンク

14225

近年、中国では富裕層による
国外移住が増えているそうです。

中国内の胡潤研究院の調査によると
1000万元(日本円で約1億7000万円)
以上の資産を持つ富裕層のおよそ64%が
国外に移住、また移住を計画していると
発表されていました。

理由としては、教育制度への不満
大気汚染の深刻化などと言われていますが
おそらく「国家政策への疑心」という
声にならない強い不満も感じられます。

こうした発表をご覧になると
あなたは「やっぱり中国だから」と
お思いになるかもしれません。

しかし実はこの日本でも、ひっそりと
富裕層や実業家の海外移住は進んでいます。

スポンサードリンク


これも、今後の日本の行く末に不安を感じ
大きな資産を抱える一部の富裕層
実業家などが自らの資産を守るため
ついに行動を始めた、という事です。

また、定期的に新聞などで公開される
政治家の資産報告書では、その資産額は
驚くほど少ないケースが多々あります。

これは、資産を国外に移しているからで
単純に「円としては計上されていないから」
という理由です。

過去、現衆議院議員の小沢一郎さんは
この資産報告書の資産額が少ない事に対し
マスコミの記者がインタビューした際
「デフォルトが怖いから」と答えました。

あなたは、この記事を読んで
何を感じるでしょうか?

あしなが日記 一覧へ

お金の授業 一覧へ

スポンサードリンク

   

Pocket

   

コメントを残す